唐 沢 公 園​​

唐沢公園に現在、残念ですが芝桜はありません。

ようこそ おいで下さいました

鍼灸接骨 小柴療院のHPです。

  •  昭和17年に現住所地で初代が開業。
       地域の皆様の健康維持と伝統医療の普及
       に努めております。
  • 必要と希望に応じて相応な施術を致しま
  すが、ソフトな徒手整復とオリジナル温
  灸及び穏やかなハリ施術を基本として
  ます。
  •  健康保険治療が多数を占め、対象は少々
        限定があるものの、自費治療と差別のない
  施術を提供します。
  • 経穴(ツボ)と経絡(ツボの道)の実態という
       東洋医学の基礎的研究を行っています 。
  • 来院され、ご容態を拝見させていただき、
       治療本位、かつ安心のできる対応を致し
       ます。
  • 「医道の日本」誌の取材を受け、令和元年
  11月号で当院温灸が紹介されています。
       
  
      
 
  
    
    
      
施 術 日 時
 施 術 メ ニ ュー
  • 鍼灸自費施術は、ご予約が必要です。

  • ご予約なしで来院されても、既予約や定期通院の方を優先するため、受療できないことがあります。

  • 初めての方は、先ず施術時間内にお電話でご予約下さい(当日予約は午前8時よりお問い合わせに応じます)

  • 予約に関するお問い合わせ =午前8時~正午 /午後1時半~4時 日祝日・水土午後はお受けできません。

  • はじめての電話予約では、ホームページをご覧になった旨お伝え下さい。

  • 対象▶鍼灸自費施術を希望する(健康保険を利用しない・しなくてよいという方)

  • 以下の健康保険の対象とならない施術分

  • 健康管理、予防に関する施術

  • 同意書のとれない鍼灸施術(かかりつけ医師がいない・保険者が鍼灸の療養費委任払いを行わない等、諸理由があります)

  • 同意書の1疾患以外の施術分

  • 保険施術に比して技術、時間を要する施術 

  • 特殊材料を使用する施術(金銀製鍼等)

  • 保険適応以外の施術(鍼灸の効果は多様な疾患に認められています。WHOの鍼灸適応症等 を参考にして下さい)

  • 料金 ▶初検料 1000円 (院長担当・約10分ほどの問診及び検査・はり代金等・3ヶ月以上来院がない場合)

  • 施術料 3000円 (45分以内の施術 )・2000円(30分以内の施術 )

  • 女性のお悩みに対する治療は、女性鍼灸師が対応できます(ご希望の方は、ご予約時にお伝え下さい)

  • 不妊不育の鍼灸治療にも対応できる女性鍼灸師がおります(ご希望の方は、ご予約時にお伝え下さい)

  • ご紹介の方、市外からの方、学生、生活保護及び障害者手帳・横浜市医療証所持に相応する方、初検料を免除します。

  • 定期通院や、詰めて日数を要する治療は、さらに減額を考慮します。

 

自 費 料 金
 
 
保 険 施 術
 

 鍼 灸 

 

  • 鍼灸の保険取扱いを行っております。 

  • 病医院クリニック等の保険取扱いと仕組みが異なります。

  • 医師の同意書が必要です。

  • 同意書(所定の用紙)は当院にあります。

  • 同時期に並行して整形外科等で同じ病名の治療を受け、貼付薬等の投与は受けられません。

  • 経過観察のための通院や、部位、傷病、通院時期が異なる場合を除きます。

  • 来院された上で保険証を確認、症状経過等をうかがい保険受療について説明します。

  • 当院の対応する保険は現在のところ以下のとおりです。

     国民健康保険 前期高齢者保険 後期高齢者医療保険 横浜市医療証( ひとり親 障害者 乳幼児)  

     労災 生活保護

  • 対象となる傷病 頸肩腕症候群 腰痛症 神経痛 リウマチ 五十肩 頸椎捻挫後遺症 変形性膝関節症

     おすすめ適応症と同じ傷病ですので、健康保険が使える場合があります。保険証をご持参下さい。 

  • 交通事故を当院では損保会社の許可を受けていただき、接骨扱いで必要に応じ鍼灸を致します。 

  • 現在保険に係る費用(100%)は通常時1回1500円~1600円(初検料は別途)です。

  • 患者負担は、上記保険費用の負担割合に応じた額です。(およそ160円~500円)

  • 保険であっても治療本位とし、技術及び時間を要す施術(透熱灸・オリジナル温灸・按鍼等)を致します。 

 

                                            

                                 

                  

            

 

 

 

 

                                                         

接 骨

   

  • 各種保険労災取扱い

  • 国民健康保険 前期高齢者保険 後期高齢者医療保険 組合健保 協会けんぽ 共済

  • 横浜市医療証(ひとり親・障害者・乳幼児) 

  • 労災 生活保護 自賠責(交通事故) 1日でも早くの社会復帰に向けて真摯に対応致します。

  • 急性、亜急性の外傷に随時対応致します。

  • 対象となる傷病 骨折 脱臼 捻挫 打撲 挫傷

  • 骨折及び脱臼は整復応急手当後、連携専門医の精査による意見、指示を受け加療します。

  • 捻挫・打撲・挫傷に医師の同意は要しません。

  • 経過により連携専門医の意見を仰ぐことがあります。

  • 対象傷病と関係なく、たんにマッサージを目的にして医療保険を利用することはできません。

  • 急性、亜急性の外傷及び捻挫・打撲・挫傷の具体例、施術対象は以下の通りです。​

  • スポーツ・トレーニングによる外傷、交通事故・転倒・落下などの強力な外力による損傷

  • ギックリ腰や寝違い、関節及び周囲軟部組織の捻じり(ねじり)・挫き(くじき)・打ち身、こむらがえり、肉離れ

  • ご老人・ご婦人・小児・虚弱者・病人の微力な外力による外傷

  • 長時間に及ぶ不安定な姿勢保持・作業過及・等尺運動・静力学的運動(こらえすぎ・ふんばりすぎによる損傷)

  • 連続・繰り返し・蓄積等の反復性外力による損傷

  • 急性・亜急性の筋腱関節部の損傷

  • 骨折・人工骨・腱接合手術後の治療 外傷の後遺症(医師の指示による)

  • 徒手整復術・テーピング・包帯法・物理機器を応用します。 

  • きめ細かな観察と症状に応じた丁寧な治療をします。

  • 必要に応じ、接骨の手技の一助として、余計な代金をいただくことなく鍼灸施術を致します(鍼灸柔整ダブル資格者による)

  • 腰部捻挫(ぎっくり腰)頸部捻挫(寝違い、むち打ち症)膝関節捻挫(スポーツ外傷)等への鍼灸応用

  • 交通事故は、鍼灸師兼柔道整復師が鍼灸を応用し、回数抑制・短期治癒誘導に努めます。

  • その他外傷への鍼灸応用例 関節腫脹 関節痛 筋性防御 鈍痛鈍重 違和感 刺激痛 痺痛 運動制限等多数

  • 自費一般治療  3000 円

    (30分から45分以内の治療​)

  •  15分以内の追加料金 1000円

    (保険外加算同額)

  • せいろの温灸・灸頭鍼・灸傍鍼など、

      どれか1術を2000円から受療できます

     (30分以内の治療・初検料免除の方)

  • ​回数を要する治療の減額を考慮致します

 

  • 当院では、接骨保険施術の範囲に、

       手技の一助として、必要とご希望

  により、別代金を徴収せず、鍼灸

  を致します

  • 歩行困難な方の健康保険による訪問

  受療が可能です

HIV,HCV,HBV等感染防止について

高圧滅菌機と紫外線個人専用鍼保管庫

 

衛生管理、感染防止は鍼灸師の日常的

な義務業務です。

どうぞ安心して鍼治療をお受け下さい。​

治療に使用される鍼は、ディスポザブル

(使い捨て) もしくは個人専用鍼で、高圧滅菌

処理後、個人用シャーレーに分別保管、及び医療廃棄物として処理しております。
感染予防のガイドラインにそって、鍼・周辺器具の衛生保管、術者の感染、院内感染対策にも、鍼灸師は
万全を期しております。

又、鍼製造メーカーにおいても、衛生管理に基づいた世界に誇る技術及び品質管理を有し、周辺器具も多様かつ安全優秀です。

​プロフィール
 

 資格及び研修勤務歴

​厚生労働大臣国家資格 鍼灸師 柔道整復師

1977年 日本鍼灸理療学校卒 

1977年 鍼灸師資格取得(昭和52年)

1977~1981年 都内鍼灸院(渋谷区)研修勤務

1981年 鍼按 小柴療院勤務

1987年 日本柔道整復学校卒 

1987年 柔道整復師資格取得(昭和62年)

1987~1988年 市内接骨院(中区関内)研修勤務

1989年(平成元年) 鍼灸接骨 小柴療院開設

鍼灸師歴42年・柔整師歴32年

​開業歴31年延べ16万人の施術

 賞罰

1994年 横浜市優秀技能表彰

2014年 横浜市生活保護医療功労表彰

2014年 神奈川県衛生知事表彰

2018年 横浜市技能功労表彰

 標語 

・「我も充足す 無一物 花の山​」

  浅水十明(横浜市立盲学校創立者)

・「心そこになければ、あれども見えず」

    経絡実存探究について比喩された金言

       藤原 知( 元大阪市立大学助教授 )

 

 

 

 

 

 

       ごあいさつ

  ベテランの域には達しているようですが、

けして慢心するものではありません。

 一時期体調不良となり、この治療を自分

施しながら皆様の治療を続けてまいりました。

 それにより自己体験を経た、独自の工夫と

技能努める事ができたと思います

 皆様の苦しみが少しでも共感できる今、過去

への反省が傍らを過ぎります。

 斯道のお蔭で復調し、これからもより精進し、

得たものをお返ししたく、改めて機会を頂きた

いと存じます。

  

    研究歴

2001年「鍼の旋回運動」ボンハン学説、キム・セウク現象の追試(医道の日本誌発表)

2005年 国際生命情報科学会(第16回・東京電機大・町好雄委員長)

    「経穴に実態はあるか?」指定討論者

2005年 経絡学説研究会 藤原知医博と二人結社

2005年 経穴観察・白斑瘢痕篇〔医道の日本誌発表・英訳版 (Observation of Acupoint

             -depigmented marcules,scars)蘇光燮ソウル大生命科学科教授委託〕

2006年 藤原知・「経穴」「経絡」の実態解明に向けての現代医学的アプローチ

    (医道の日本誌発表)協力

2010年 韓国国際韓方エキスポ、PVSに関する国際シンポジウム(大会長・蘇光燮

     ソウル大名誉教授)藤原知博士招聘に同行

2011年 藤原知・私の経絡研究 追憶の記(医道の日本誌発表)協力

2015年 日本におけるキム・ボンハン学説の歴史的検討 藤原知・小柴元共著

            〔Historical Investigations of the Kim Bonghan Theory Reserch

                in Japan(Memorandum) 蘇光燮ソウル大名誉教授委託〕   

1956年(昭和31年生)

   小柴 元

安心のマーク 横浜市鍼灸マッサージ師会

      

ノーマライゼーション 

神奈川県鍼灸マッサージ師会

      

​患者さんの顔写真・体験談をHPに載せることはありません。

私達の先祖が創造し、伝承してきた鍼灸・接骨術を受療しましょう!

鍼灸 接骨 小 柴 療 院

    ご予約は診療日の時間内

午前8時~正午  /午後1時半~4時

      ご予約・お問い合わせ
  ホームページを見たとお伝え下さい
​ 水曜と土曜の午後は、お休みです
 ☎045-261-5533

 Coppyright(C)2016小柴療院 AllRightReserved.