top of page

せいろの温灸 

オリジナル温灸 

 実際はせいろの上にタオルを掛けてじっくり

といぶします。艾(モグサ)を効果的有効活用

し、煙を無駄に排出せず、掛け布に吸着させる

エコな温灸です。

​横浜名物 せいろ蒸し

seiro-02.JPG

「せいろの温灸」による燻蒸効果

​せいろ型にヨモギの成分が付着し、弱い滲出性炎を惹起し、角化のサイクルをあげます。

     温灸後の観察 (成分付着を解りやすくするためテープを張りました)

seiro001.JPG

​ 汗蒸幕作用

ハンジュンマク

​(よもぎ蒸し)

​お灸の煙の中に暖熱があり、モグサの有効成分があります。

​オリジナル温灸器具による燻蒸(くんじょう)療法

02115.jpg
heso-kyu01.JPG
03115b.jpg

​上図、掛布丸印の下に、温灸器具

がセットしてあります。寝なが

「よもぎ蒸し」です。

いずれも上から大きなタオルを掛

けて​燻蒸させます。

腰・腹・股、膝関節・両下肢の

和・疼痛冷感・機能不全に。

onkyu-cap01.JPG
cup00.JPG

   温 灸 鍼 療 法   

onkyu-setumei01.JPG
DSCF9220.JPG

鍼の感覚を生かしながら温灸と合

わせた特有な感覚を得られます。

鍼に負荷をかけず、安定した温感

得ることがでます。

鍼を行わず、温灸だけの施術にも

使用します。

 

坐骨神経痛など、安静時・動作時の腰臀部及び

下肢(大腿・下腿)に及ぶ激しい疼痛やシビレ

感​​への施術。

長年、灸頭鍼法という施術を行い、欠点​を補う

べく器具の製作とその改良をすすめました。

内因性疾患の不調にも好影響を​与えます。

   もぐさ紙巻作業   

kamimakimogusa-sagyoudai.JPG

 紙巻艾((もぐさ)も自家製造しています。

艾は膨らむので紙に巻き圧縮します。艾の質や温度、燃焼の調整を考え、大きさを数種類に分けています。

 

◀左図は作業台。▼下図は奥に紙巻もぐさ、手前が器具。

onkyu-makimogusa.JPG

​   透 熱 灸

八分くらい燃えたところで

指で押さえて消してしまう

八分灸。

さらに細いモグサの線維ほど

のお灸(糸状灸)を昔ながら​の

赤い膏薬の上にすえるなど、

いずれも熱くなく痕もわずか

です。

透熱灸の発赤から、痂皮や

瘢痕に至る過程の中に、

自然治癒力を引き出す、

疾患に有効な作用があります。​

ご希望と症状や体質等を配慮

して行います。

netusin01.jpg
netusin02.jpg
netusin03_edited.jpg

​心療医典 平田内蔵吉 熱鍼の刺激図式       :1932 木村書房

 

お灸のすえ方も色々ありますが、

縦や横に細かく並べてすえること

があります。(上図)

 

tounetu-04.JPG

「灸点紙」という台紙の

上から痕跡を残さず、灸をすえる方法。

血虚に​対する血の拠点造りとなります。

​透 熱 灸

mask01.JPG

温灸の機転とは別の機転を招来させる透熱灸。侵襲を抑え効果をあげる工夫をしています。瘀血(糖尿・肝腎疾患等)症の有無、​程度を考慮し、経過を観察をしながら安全な施灸を行います。

tounetu-03.JPG
kyuuseikyuu03.JPG

痂皮に対して八方からシワ

が集まることを考え、​図の

様なすえ方もします。

痂皮には傷病を治癒に導く

ツボの秘密があります。

tounetu-ki01.JPG

    熱鍼用器具

温灸鍼療法でモグサの熱により

器具の艾を装着する金属部分が

高熱になる事を利用して考案。

​熱鍼療法

 

tounetu-ki03.JPG
tounetu-ki02.JPG

          ▲         ▲

灸煙で​温め、モグサの油分と相俟った​燻蒸を行います。

その後、鍼部(金属部)は、熱くなりますので、皮膚へ軽く接触させるようにして施術します。

viwa01.JPG

  ▲

隔物灸(枇杷の葉・生姜等を隔て

てすえるお灸)にも​応用します。

netusin04.JPG

​◀ 熱感を緩和させるために

        皮膚を摘まみ乍ら圧着。

  透熱灸なみの作用を得る

  ことも可能です。            

​接骨院として

骨折・脱臼の疑義については、応急

手当後、連携医療機関の精を受け

加療致します。

転位の少ない骨折や不全骨折、骨折

含む整形外科手術後後療法及び

医師の同意を要しない捻挫・打撲・

挫傷等が主たる範囲です。

きめ細かな観察と手当が柔道整復

の持ち分です。こんな至便・低

費用・自然な厚紙のシャーレを使

った固定をします。

施術室 

 

カーテンや仕切りを最小限とし、むしろ明るいオープン

式の治療室の中でこそ、患者さんが安心して治療ができ

と考えています。同時に失礼のない秘守すべき義務

たせる治療室づくりを心がけいます。

自ラ生クベキ者 我之ヲシテ 起コタシムルノミ 扁鵲

bottom of page