031015a.JPG

         スタッフ紹介
当院には、ハンディを持つ女性鍼灸マッサージ師が1名おります。
彼女は、筑波技術大学健康福祉学部鍼灸学科を卒業、国家資格を取得。同大学付      
属統合医療センターで1年研修後、私の父が盲ろう重複障害者の鍼灸マッサージ    
師であったことを従来のHPより知り、当方に研修を兼ねてスタッフとして応募             2015年春より勤務しております。。 
彼女自身も生まれながらにハンディを持っていたため、横浜市立盲学校理療科を       
経て専門大学に学ぶ道を選択し、斯道を歩むことになりました。

現在、私の父が行っていた、昔ながらの鍼按治療、さぐり鍼の技を習得し、私   
​の考案した
温灸を応用した施術等ができるまでに至っています。
 

​◀ 自家製温灸用もぐさを製作中の「ゆい先生」

​                     ▼スタッフの施術について

  • ご婦人の施術を対象としています。

  • 鍼灸を主として、付帯する手技は行いますが、マッサージのみは行いません。

  • 鍼灸でセルフコントロールを行っていますが、軽度ながらハンディを複数(視覚・聴覚・肢体不自由)抱えており、​体調不良により、急にお休みせざるをえないことがあります。(稀なことですが、可能ならば、小柴か白井が代理をつとめます)

  • 原則的に施術費用は自費となります。45分の施術で3000円となります。

  • 施術料金・訪問施術のご相談をお受けします。

  • ​​過去に多くのスタッフが係わってきましたが、ハンディを持つがゆえに、彼女の技術向上には特に配慮と施術の工夫をしてきた経緯があり、将来、彼女が開業するうえでもプラスになるであろうと考え、応援すべく本ページを設けました。

  • 皆様の施術を私(小柴)と白井先生だけでお引き受けするには、気力体力の点で少々無理が生じはじめております(白井先生も私より10年先輩です) ハンディを補う力を要するスタッフですが、皆様のご理解があれば、けして他に引けを取らない推奨できる存在です。斯界の光と影  もご一読いただき、彼女の施術をすすんで受けて下さるという方を歓迎致します。ご指名(ゆい先生)をお待ちしております。その際は何かしらの優遇を考慮致します。