ノーマライゼーション

 

normal02.JPG
031015a.JPG
自家製温灸用もぐさを製作中

    当院には、ハンディを持つ女性鍼灸マッサージ師が1名おります。
彼女は筑波技術大学健康福祉学部鍼灸学科を卒業、国家資格を取得。
付属統合医療センターで1年研修後、私の父が盲ろう重複障害者の
鍼灸マッサージ師であったことを従来のHPより知り、当方に応募。
2015年春よりスタッフとして勤務しております。
 現在、私の父が行っていた、昔ながらの鍼按治療、さぐり鍼の技
を習得させ、温灸の可能性等に挑戦しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
​ 視覚障害者と鍼・灸・按摩指圧マッサージとの結びつきは、
歴史
にも古く、管鍼(くだばり)という日本鍼灸の特長のひとつとされ
る鍼法を考案、鍼灸を広く知らしめ、技能の発展に大きく寄与された
のも視覚障害者でありました。
 (検校
という時の最高医師となられました)
 又、戦後斯界存続の問題が表面化した
時も、視覚障害を持つ先生
が、細々とながらも斯業を守ってきたという歴史が存続に至った
​理由のひとつとなりました

 
この障害者が特有の職業を持つという例は、国際的にも類を見な
のですが、視覚障害者は、抜群の手指感覚と中力、持ち前の
鋭い感
性を所有し、斯業は正に天職であると考えます。

 








 ただ一方で、斯業との係わりは守りながら、他の職業への選択も
広げな
ればなりません。現在斯界を例にとれば、商業優先、弱肉
強食の時代となり、健常者の増加、類似業・無資格者・内部資格者
の増加などにより、
障害者の占める割合は激減し、自立、就業困難
等、障害者は厳しい環境に立たされている状態です。
 
 
どうぞ疾患の予防と治療や健康管理に、適応可能な障害者の技術
者を育てる機会を与
て下さい。視覚障害者の鍼灸マッサージ師に
ご理解を
ただきたく存じます。






 自分や家族にも、心身の障害は、いずれ及ぶことを考えなくては

ならない高齢化社会を迎えています。ハンディを持つ方々と共存を
深めなければならない時代です。高齢者や障害者と健常者が、お互
いの理解と助け合いの精神の大切さを見つめなおし共存する。それ
が当たり前の社会であってほしいものです。
 ノーマライゼーションとは、そのような方向を目指すものと考え
ますが、いずれは自分に及ぶ身近な問題なのです。
  
 
 
 なお、神奈川県鍼灸マッサージ師会は、ノーマライゼーション
斯業の特長であり、内外での望ましい将来に向けた理想的方向と位
置付けています。